人が集まりやすい求人のかけ方

ここ数年で、建設関係の求人事情は大きく変化しました。

以前は買い手市場とも言われていた建設関係の求人現場ですが、今や万年職人不足となって求人を出してもなかなか人が見つからない、という状況にあるのです。

もちろん人を選ばなければ簡単に求人することができるのでしょうが、建設会社が欲しいのは即戦力となる職人ですよね。

しかし最近は熟練の職人が次々と高齢のため現場を離れているということもあって、現場は深刻な人手不足状態にあります。

では、職人に積極的に応募してもらうためには、どのような求人を出せばいいのでしょうか。

ここでは、人が集まりやすい求人の出し方についてご紹介させていただきます。

人が集まりやすい求人を出すためにはまず、条件面を明確に提示する、という点が挙げられます。

というのも建設関係の求人の中には、「詳細は面談にて決定」とか、「給料に関しては経験を考慮したうえで決定」といった記載がされているものもあります。

しかしこれでは、腕のいい職人が集まるはずもありません。

そこで求人を出すにあたっては、給料についてはもちろん、保険等の条件面について明確に記載するようにしましょう。

また人が集まりやすい求人を出すためには、会社の特徴を詳しく書くというのも有効です。

求人に応募する側からすると、その会社はどういった会社なのか、どのような人がいるのかということがあらかじめ分かっていると、安心して応募することができるからです。